不動産を初めて安定生活~快適Businessで楽しく暮らそう~

賃貸住宅の契約

やる気がある社員

契約期間は通常2年間

賃貸契約の契約期間は通常2年間とされています。そのため3年目も借りている部屋に住み続けるには、更新手続きをして更新料を払うことで継続して住むことができます。更新料は大家さんに支払うお金です。家賃の1カ月分程度支払うことが多いです。更新料ですが、法律で支払わなければならないと決められているものではないのですが、部屋を借りる時に契約書に更新料は支払わなければならないと明記されていれば支払う必要があります。また、更新契約を代行してくれた不動産会社にも更新手数料を支払います。事務手続きや契約書の作成を大家さんに代わり不動産屋が代行しますのでその事務手数料として、家賃の0.5ヶ月分程度が手数料としてかかります。

更新料以外にかかるお金

賃貸契約更新のときには、更新料と更新手数料以外にもかかるお金があります。ひとつめは火災保険料です。部屋を借りる時の初期費用として火災保険に加入するために火災保険料を支払っていましたが、適用されるのは賃貸契約期間の2年間のみですので3年目以降も住み続けるのならまた火災保険に再加入することになります。2つめは、保証料です。連帯保証人を立てることができず賃貸保証会社を利用していた場合には、更新手続きの時に保証料も新たにかかります。保証料ですが、契約期間中に家賃の支払遅れなどがあったとなると更新のときは保証料が上がってしまうケースや特にトラブルなく家賃の支払いをしていた場合には割引してもらえることもあります。