不動産を初めて安定生活~快適Businessで楽しく暮らそう~

賃貸住宅に住もう

個人事務所を構える

増えてきている賃貸住宅派

最近はマイホームとして住むなら自己所有よりも賃貸住宅という人が増えてきています。実際に賃貸マンションや一戸建てに暮らしている夫婦やファミリーは全体の半数以上いるそうです。 賃貸住宅は持家を買うよりも安く済むというのも魅力ですが、多くの人が一番の魅力として挙げているのが「自由度」の高さです。いつでも気軽に引越しができて、家族の人数、生活スタイルの変化に合わせて住み替えができます。 以前なら賃貸は金銭的なゆとりがない人が住むものと思われていましたが、今はあえて賃貸に住んでいる人もいます。新築分譲マンションのように豪華な設備がある高級賃貸マンションも増えており、今後も需要が高まっていくものと思われます。

住むときの注意点とは

賃貸住宅は持家と違ってあくまでも持ち主は家主になります。例え何十年に渡って住んだとしても自分の持家になることはないので、長期間住むならコストパフォーマンスを考えて物件を選ぶ必要があります。 もっとも、昔なら一生住むなら持家のほうが結局お得になるという考えが普通でしたが、今は賃貸も持家もそれほどコスト的に違いはないという考えが一般的になっています。それでも賃貸住宅に住む以上は、いつか退去することを考えて生活することが大事です。勝手に壁紙を替えたり、フローリングを貼り換えたりといったリフォームをすれば原状回復費が請求されます。敷金を多く返金してもらうためにも、あくまでも借り物であるこということを念頭に入れて住むことが大切です。